ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由

今や3人に1人が常時携行するほど一般的となったモバイルバッテリー。市民権を得たモバイルバッテリー型カメラは、実際に充電もできるとあって秘匿性が飛躍的に向上しています。そんなモバイルバッテリー型カメラを重宝しているのが探偵です。探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由を見ていきます。


スポンサーリンク
探偵がモバイルバッテリー型カメラを使う理由

モバイルバッテリー型カメラは自然

モバイルバッテリー型カメラは一般家庭の室内はもちろん、事務所などに置かれていても自然で、ターゲットに気づかれにくくなっています。特に注目はオンスクエアの「A-610 Plus」です。

まずモバイルバッテリー型なので、目に触れても怪しまれません。動体検知機能もあり、調査を省力化できます。バッテリーの容量が通常の小型カメラより非常に大きいため、AC電源が確保できなくても長時間の撮影が可能なのもメリットです。

しかも、このモバイルバッテリー型カメラは、最新の超省電力ICチップ搭載で、容量はこのクラスでは中程度の4,200mAhながらも安定して24時間連続での撮影が行えます。無人撮影にも有効でしょう。

モバイルバッテリーとして充電可能

例えば、カモフラージュテープなどで覆い、ターゲットの自宅前に設置しておけば、出入りした時間、同行した人物の容姿など、通常なら探偵が張り込みをしなければならない場面でも、無人での監視が可能です。

ダッシュボードにこっそり置けば、周辺の監視にも役立ちます。ボディが大きいためか、動作が安定しているのもうれしいところ。限られた調査時間で、最大限の成果が得られます。実際にモバイルバッテリーとして、スマホの充電(2台同時もOK)ができるのもポイントです。

モバイルバッテリー型カメラの解像度は1920×1080ドット(MOV)、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)電源はリチウム充電池です。サイズ/重さは約120W×78H×13Dmm/約120g。実勢価格は19,800円です。(文/今野裕幸)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事