ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ

タテ4cmでヨコ2cmほどの小型サイズながら、暗視カメラになる赤外線モードを搭載しているトイカメラを紹介しましょう。しかも暗視カメラの切り替えが専用アプリから行えるというスグレモノ。さっそく監視カメラにもなるトイカメラの詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク
暗視カメラにもなる赤外線付き小型トイカメラ

暗視カメラとして夜間の監視撮影

わずか4cmほどの小さなトイデジタルカメラながら、本格的な赤外線機能を搭載しているのが「A-360」。暗視カメラとして夜間の監視撮影が行えるのが特徴です。

暗視カメラにもなるA-360は、動画解像度が640×480ドット(10fps)、保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)となっています。

小型トイカメラだけあって、サイズは22W×42H×18Dmmで重さは18g。実勢価格は15,800円になります。専用の無料アプリは「doyog」です。

暗視カメラとして使用する方法

ストップホルダーが付属するので、ドアにも容易に設置可能。マンションの共用廊下の監視や、カメラ付きインターホン代わりに来訪者をチェックするなど多用に使えるでしょう。

ネットワークの接続方法は専用アプリの「Moniter Setting」→「Monitor WIFI」をタップ。SSIDを選択してパスワードを入れれば接続できます。

実際に暗視カメラとして使用する方法は、アプリ右下のマークをタップするだけ。赤外線モードになって真っ暗な場所でも撮影できるようになります。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「暗視カメラ」おすすめ記事
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ
暗視カメラは格安Webカメラの改造で作れる!
暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事