ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

小型カメラのカムフラージュ用レンズカバーとは

小型カメラはかさばらないのがメリットですが、ファインダーがないのが難点。録画ボタンを押したつもりなのに、撮れていなかったなんてこともしばしばです。そこでファインダー付きレコーダーに接続できる小型カメラを紹介しましょう。カムフラージュ用の交換レンズカバーも付属しています。



スポンサーリンク
小型カメラのカムフラージュ用レンズカバーとは

小型カメラをレコーダーに接続する

ファインダーで録画を確認できると以前から注目していたのが、レコーダーの「PoliceBook」に接続して使う小型カメラ。ケイヨーSPから新機種の「PB-200」が発売されたので、さっそく試してみました。

小型カメラPB-200の画素数は200万画素、解像度(フレームレート)は最大1920×1080ドット(30fps)、画角は72度となっています。サイズはカメラ部が30W×30H×21Dmm、ケーブル長は約1,440mmで、重さは58g実勢価格は41,040円です。

小型カメラPB-200の使い方は、カメラヘッドとアンプを接続し、アンプとレコーダーのPoliceBook70かPoliceBook3500を接続。アンプ部には付属のマイクも接続可能です。

小型カメラにカムフラージュカバー

小型カメラPB-200にはカムフラージュ用の交換レンズカバーが付属。今回はボタンカバーをセットしてカメラ部をスーツのボタン部分に取り付けます。PoliceBookを内ポケットに入れれば擬装は完璧でしょう。

実際に室内で1920×1080ドット(30fps)で撮影したところ、画質は鮮明。表情はもちろん、髪型や服装などまでしっかり描写可能です。夕方の屋外で撮影しても、蛍光灯1つ程度の明かりにもかかわらず想像以上に明るく撮れました。

小型カメラPB-200は服の中に忍ばせたり、デスクに設置して定点観測したりといろんな使い方ができるのは高ポイント。証拠撮りには十分過ぎるほど画質も魅力です。この情報は『ラジオライフ』2015年4月号に掲載されていました。

■「小型カメラ」おすすめ記事
隠しカメラの消しゴム型は定番そっくりデザイン
隠し撮りできるオイルライター型ビデオカメラ
隠しカメラとは思えないエアコンのリモコン型
隠し撮りバリエーションが豊富な帽子型カメラ
メガネ型カメラは視線と同じ感覚で撮影できる
ペン型カメラは契約トラブル解消にも使える
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ

■「隠しカメラ」おすすめ記事
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
Ai-Ballを隠しカメラにしてスマホ映像で鑑賞
隠し撮りは音楽を聞くフリしながらさりげなく

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事