ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

隠しカメラに使うと便利なモバイルバッテリー型

隠しカメラに使うと便利なのがモバイルバッテリー型カメラ。防犯用の隠しカメラとして使用すれば、。不審者に気づかれることなく撮影できるでしょう。動体検知機能搭載で長時間の監視にも対応。さらには赤外線ライト搭載で暗所でも撮影できます。



スポンサーリンク
隠しカメラに使うと便利なモバイルバッテリー型

隠しカメラとしてデスク周りを監視

モバイルバッテリー型カメラ「SPMB-IHSS-S」は、最低照度が0.3ルクスから対応。終業後のオフィスの防犯用の隠しカメラに最適です。実勢価格は17,980円となっています。

不可視赤外線機能付きなので、真っ暗でも撮影可能。動体検知機能をオンにしておけば夜間、隠しカメラとしてオフィスのデスク周りを監視できます。連続撮影時間は最大8時間です。

隠しカメラ本体を見ると、レンズを囲むように2つの赤外線LEDが搭載されています。その両脇に、電源/動画ボタンと赤外線ボタンが設置されていました。ケーブル差込口に並んで設置されているので違和感ありません。

隠しカメラは薄暗くても鮮明に撮影

実際に、隠しカメラとして終業後のオフィスで不審者を監視してみました。動体検知をオンにすると、デスクをあさる不審者をキャッチ。薄暗くても鮮明に撮影できます。

また、赤外線照射で暗闇を撮影してみます。ペットを見守るため夜中に赤外線を当てると、暗闇でのペットの生態を撮影できました。赤外線で目が光って少し恐い仕上がりになります。

隠しカメラに使えるモバイルバッテリー型カメラの基本スペックは、解像度が1920×1080ドット(30fps)で、保存形式はAVI。記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)です。サイズは66W×117H×10Dmmで、重さは106gとなっています。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「隠しカメラ」おすすめ記事
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
Ai-Ballを隠しカメラにしてスマホ映像で鑑賞
隠しカメラの消しゴム型は定番そっくりデザイン
隠しカメラとは思えないエアコンのリモコン型
隠し撮りは音楽を聞くフリしながらさりげなく
隠し撮りできるオイルライター型ビデオカメラ
メガネ型カメラは視線と同じ感覚で撮影できる
ペン型カメラは契約トラブル解消にも使える
暗視カメラにもなるモバイルバッテリー型カメラ
小型カメラの探偵おすすめセッティング場所

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事