ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スパイカメラを内蔵したスマートフォンが登場

本物のスマートフォンにスパイカメラを仕込んだ商品が登場しました。スマートフォンは海外製のため、日本で電話はできません。しかし、Wi-Fiに接続すれば普通に使えるから驚きです。スパイカメラの起動方法も2パターンあります。実際にスマホ型スパイカメラを使ってみました。



スポンサーリンク
スパイカメラを内蔵したスマートフォンが登場

スパイカメラを本物のスマホに内蔵

本物のスマホにスパイカメラを内蔵した「BN-SMT2」。通常のスマートフォンのカメラに加えて、本体上部にスパイカメラが仕込まれています。その意味で、偽装としてはほぼ完璧です。

画素数は背面カメラが1300万画素で、スパイカメラは1000万画素、スパイカメラの解像度は最大で1920×1080ドット。内蔵メモリは32Gバイトです。サイズは7W×13.7H×0.9Dmmで、重さは152g。実勢価格は39,800円です。

スパイカメラの起動方法は2パターン。カメラアプリ起動中に、画面右上にあるカメラアイコンをタップすることで、スパイカメラに切り替えられます。静止画・動画撮影にも対応する本格派です。

スパイカメラを隠しコマンドで起動

もう1つのスパイカメラ起動方法は、電話アプリで「##1111##」と隠しコマンドを入力する方法。これでスパイカメラでの撮影が開始します。数字部分を「2222」に変えて入力すると撮影終了です。

電話アプリでのスパイカメラ起動は、撮影中の画面が表示されないので秘匿性が高いでしょう。この方法は動画撮影のみに対応しています。

従来のスマホ型スパイカメラは、実際に使用すると結構不自然なもの。レンズを被写体に向けると、スマホの動きがおかしくなるからです。その点、このスマホ型スパイカメラは警戒されずに撮影可能。スパイモードはシャッター音が鳴りません。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「スパイカメラ」おすすめ記事
スパイカメラが超人気スマホそっくりになった!?
隠し撮りは音楽を聞くフリしながらさりげなく
スパイカメラの腕時計タイプは3千円台で買える
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」
無音カメラアプリが証拠集めには役に立つ!
無音カメラのおすすめ!無料&高画質アプリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事