ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

さりげなく隠し撮り!スマートウォッチ型カメラ

街中の風景を撮影するにしても、カメラやスマホを構えるのは気が引けるもの。とはいえスマホの隠し撮りはかなり怪しい目で見られます。そこで活用したいのが、スマートウォッチ型カメラ。スマートウォッチを操作しているように撮影できるので、さりげなく隠し撮りできます。



スポンサーリンク
さりげなく隠し撮り!スマートウォッチ型カメラ

隠し撮りしやすい側面のレンズ

サンメカトロニクスの「SW-720」はスマートウォッチ型カメラ。時計の側面にカメラを内蔵しており、時計を見る動作で前方のターゲットを捕らえられます。実勢価格は38,800円です

カメラレンズは本体上部側面にあるため、左右どちらの腕に着けても前を向く構造。操作ボタンは本体右側面にある1つのみで、長押しすると録画が始まります。録画状態の時は、盤面の左上に「R」が表示される仕組みです。

これまでの時計型ビデオカメラは、時計盤にレンズが仕込まれているのが主流でした。しかし、スマートウォッチ型カメラは側面にレンズがあり、格段に隠し撮りしやすくなっています。

隠し撮りしても気づかれなかった

街中で時計を構えてみても違和感はゼロ。スマートウォッチを操作しているようにしか見えず、街に溶け込んでいます。擬装性も高く、普段使いに耐える優秀なスパイグッズといえるでしょう。

試しに交番と警察官に接近して隠し撮りしてみました。目の前まで近づいても壮年の警察官は仁王立ちを崩さず、カメラに気づいた様子はありません。

カメラの視野角は55.8度、動画記録解像度は1280×720ドット(30fps)。記録メディアはmicroSDカード(最大32Gバイト)で、連続録画時間は70分、電源は内蔵ポリマー充電池を使用しています。サイズは43W×237H×13Dmmで、重さは37.5gです。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「隠し撮り」おすすめ記事
隠し撮りできるオイルライター型ビデオカメラ
スパイカメラが超人気スマホそっくりになった!?
スパイカメラの腕時計タイプは3千円台で買える
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
ペット写真をiPhoneで撮るなら「横撮りレンズ」
無音カメラアプリを無料で探すなら「忍アプリ」
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
無音カメラアプリが証拠集めには役に立つ!
無音カメラのおすすめ!無料&高画質アプリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事