ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

低価格ドローンをステルス仕様にして隠密撮影

1万円を切る価格で購入できる低価格ドローンをオールブラックに塗装して、ステルス仕様に改造してみました。加えて赤外線カメラを搭載することで、夜間での撮影にも対応できます。じつは低価格ドローンは構造が非常にシンプル。分解するのもそんなに難しくありません。



スポンサーリンク
低価格ドローンをステルス仕様にして隠密撮影

低価格ドローンをステルス仕様に

白いボディの低価格ドローンを、真っ黒に塗装して闇夜でも目立たないステルス仕様に改良してみましょう。2015年に話題となった「官邸ドローン」事件でも、ボディが黒く塗装されていました。

さらには赤外線カメラを搭載。Wi-Fiで映像を飛ばすことも可能にしました。真っ黒に塗装すると人目に付きにくくなり秘匿性が増すため、自宅周辺の防犯などにも有効です。夜間の野鳥の撮影にも使えるかもしれません。

低価格ドローンの塗装は、ボディを1度全部バラしてから。基板、モーター、LEDライトなどがネジ留めされているのですべて外しましょう。LEDライトは基板のハンダを除去して外します。

低価格ドローンに赤外線遠隔カメラ

続いては、ボディとプロペラをつや消しブラックのスプレーでムラなく吹き付けるステップです。下地が見えなくなるまで何度もスプレー。丁寧に重ね塗りすると美しく仕上がります。

元々、カメラが付いていた低価格ドローンの底面に、赤外線遠隔カメラ「A-360」を両面テープなどで固定。これで暗視空撮が可能になります。

次に、ブラックライトに反応して発光するインクをボディに塗ります。ブラックライトを当てるとボディが、青白く発光。フライト中に光るLEDライトを取り除いているので、ボディの進行方向が不明な点をカバーします。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事