ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル

映画やCMの空撮で使用されるドローンはまさにプロ仕様。目的に合わせてパーツを選んで組み上げています。そんなドローンによる空撮の操縦は、機体用とカメラ用の2人のオペレーター連携が大切です。そこで、ドローン空撮のプロが行う撮影の現場を見てみましょう。



スポンサーリンク
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル

ドローン空撮のコントローラー

ドローン空撮はまず、撮影の要であるFreeflySystemsのジンバルとカメラをチェック。ジンバルはローター部分の振動を吸収しつつ、機体がどんなに傾いても常にカメラの位置を水平に保ちます。価格は150万円以上です。

飛行前には1m超のドローンの機体を縦にして360度回転するなど、ジャイロセンサーのキャリブレーションを行います。知らない人が見たら、何かの儀式かと思うかもしれません。

ドローン空撮のコントローラーはフタバの「14SG」(機体用・モード2)と「FX-22」(カメラ用・オンボード式)。どちらもモニターを付けて重くなっているため、ストラップを利用して操作しています。

プロ仕様のドローン空撮は安定飛行

試しに編集部員が歩いているところを、斜め上空からドローン空撮で動画撮影してもらいました。この日、搭載したカメラは軽量なソニー「α7s」です。

さすがにプロ仕様のドローン空撮は、6ローターで付かず離れず非常に安定した飛行を数分間見せてくれました。撮影後に動画を見たら、ドローンの安定した飛行と絶妙なカメラアングルでまるでアーティストのPVのようです。

プロのドローン空撮はまるでCMのような仕上がりなのでした。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「ドローン空撮」おすすめ記事
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
AR.Drone 2.0は5万円で買えるドローン中級機
Bebop Droneは本格的な空撮が楽しめる上級機
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事