ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AR.Drone 2.0は5万円で買えるドローン中級機

話題のドローンを使ってみたいけど、いったい何を買ってよいかわからないのが現状です。そこで、1万円以下のエントリーモデル、5万円以内の中級機、10万円以内の上級機から人気モデル3機種をピックアップ。ここでは、5万円以内の中級機の「AR.Drone 2.0」の性能を調べてみました。



スポンサーリンク
AR.Drone 2.0は5万円で買えるドローン中級機

AR.Drone 2.0はHD撮影が可能

5万円以内のドローン中級機で大ヒットモデルが「AR.Drone 2.0(パロット)」です。動画解像度は1280×720ドット(30fps)で、サイズは520W×115H×455Dmm、重さは455g。実勢価格は46,440円となっています。

それでは、ドローン比較のためのテストを見ていきましょう。AR.Drone 2.0は720pの解像度でHD撮影が可能です。しかし、少々色の彩度が弱いように感じます。青空が白っぽくなりました。

続いて安定性比較です。十字線の上を風速約10mの中、上空1mでホバリングさせたところ、風の影響で1mほど後方に流されました。

AR.Drone 2.0はGPSで飛行制御

揚力&騒音比較では、AR.Drone 2.0は86gほど積んだところで浮かび上がらなくなりました。騒音は3機種のなかで1番大きくて92dB。工場や犬の鳴き声レベルです。

AR.Drone 2.0は安定したホバリングやGPSを使って飛行の制御など、エントリーモデルと比べると、かなり仕様が異なる中級機。ドローンならではの楽しみが味わえます。

しかし、機体が大きいので事故のリスクもアップ。画質がすごくいいわけでもないので少し中途半端な感があります。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「ドローン」おすすめ記事
ドローン価格が9千円!200万画素カメラを搭載
クアトロックスアイは掌サイズのお手軽ドローン
ドローンとは自律移動する無人操縦機のこと
ドローン規制は飛行性能で免許導入もありえる
ドローン関連ニュースここ1年を振り返ってみる
ドローン空撮!プロの機材と操縦テクニックとは
プロ仕様ドローン空撮は安定飛行と絶妙アングル
X5C EXPLORERSは1万円以下のエントリーモデル
Bebop Droneは本格的な空撮が楽しめる上級機
ドローンのカメラ映像をリアルタイム仕様に改造

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事