ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

リモコンキーをコピーして車のロックを解除する

「Digital Counter Remote Master」は、リモコンキーのトランスミッタの周波数を、別途用意したブランクキーにコピーできるデュプリケーター。中華系の通販サイトにて、5,000円ほどで入手しました。さっそくリモコンキーが複製できるかを検証してみました。



スポンサーリンク
リモコンキーをコピーして車のロックを解除する

リモコンキーをコピーする手順

実際にリモコンキーをコピーする手順を見てみましょう。まずは元のリモコンキーと同型のリモコンキー(ブランク)を用意。ヤフオク!などで、500~3,000円程度で入手できます。

電源を入れてボタンを押すと、日付の画面が表示。これは本体の日付設定となりますが、関係ないのでそのまま5番のNETボタンを押して「REMOT COPY」→「NORMAL COPY」→「INOUT 1 KEY T0」を選択します。

コピー元のリモコンキーを、イラストの位置に置いたらリモコンのボタンをプッシュ。すると周波数が表示されます。続いて、コピー先のブランクキーを置いて対応させたいボタンをプッシュ。ボタンの1つがコピーできました。

リモコンキーでロックを解錠

リモコンキーにボタンが2つ以上ある場合は、いったんCLRボタンをプッシュ。周波数をクリアしたら、コピー元のリモコンキーを置く手順からの作業を、リモコンボタンの数だけ繰り返せばOKです。

すべてのリモコンボタンをコピーし終わったら、リモコンキーが使えることを確認。見事、コピーしたリモコンキーでロックを解錠できました。

ただし、最新の車種はほとんどがスマートキーのため、コピーは不可能。しかし、2000年以前の車種のリモコンキーなら、コピーできる可能性が高いでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。(文/Toybox)

■「リモコンキー」おすすめ記事
隠し撮りにクルマのリモコンキー型カメラが登場

■「車のキー」おすすめ記事
車の鍵紛失を自分で解決するロックアウトツール
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
スマートキーも無効!?自動車盗難の最新手口

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証
車上荒らしは緊急脱出グッズをガラス割りに使う

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。