ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

合鍵作成に必要なのはメーカー名とカギ番号だけ

合鍵を作成するのに必要な情報はメーカー名とカギ番号だけです。実際、ネット注文でメーカー名とカギ番号を入力すれば、2週間ほどで合鍵を作成してくれるサービスも存在します。そこでネット注文で合鍵が作成できるサービスを実際に使ってみました。



スポンサーリンク
合鍵作成に必要なのはメーカー名とカギ番号だけ

合鍵作成サービスを利用してみた

鍵には固有の「カギ番号」が刻印されています。合鍵作成サービス業者は、鍵メーカーにこのカギ番号を指定して純正キーを追加購入。客に郵送しているようです。さっそく合鍵作成サービスを利用してみました。

サイトの受付フォームではメーカー名を選択。続いて、合鍵を作成する元の鍵と同じ形状の製品を探します。製品リストには写真とサイズが記されているので、実際の鍵と見比べながらであれば簡単に選択できるでしょう。

あとは氏名、住所、電番号などの個人情報や支払い方法を入力していって注文を確定。約2週間で合鍵が到着しました。受け取りは対面のみですが、郵便局の本人限定受取にしない限りは身分証は不要です。品名は「金物」でした。

合鍵作成の価格は2,500円ほど

届いた合鍵はもちろん問題なく使用可能。合鍵作成の価格は美和ロックのU9で2,500円ほどでした。今回は会議室の合鍵を作成してみましたが、勝手にそんなものを作っていることは誰にもバレていません。

このサイトでは、カギ番号が写った鍵の写真から合鍵を作成することも可能。写真を指定のアドレスに送ると、業者による返信メールから注文画面へ移行。氏名、住所、電番号などの個人情報を記入する仕組みです。

このように合鍵の作成に必要な情報はメーカー名とカギ番号だけ。無闇にキーホルダーなどを机に置いておくと、離席したスキに鍵を撮影されて合鍵を作成されかねません。SNSにアップする写真に鍵が写り込むだけでも危険なのです。

■「合鍵作成」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
治具メタルを使ってカギを型取りして複製する

■「防犯対策」おすすめ記事
自転車の鍵はボルトカッターで簡単に切断できる
窃盗の大部分は「空き巣」いますぐ防犯対策
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
窓の防犯対策はホームセンターですべて揃う
防犯カメラに小型の動体検知機能付き基板カメラ
ホームセキュリティを格安で実現するグッズ
ホームセキュリティを自分で格安で構築する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事