ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査一課の刑事の仕事はドラマほど派手じゃない

警視庁や道府県警本部にある刑事部とは、その名の通り「刑事事件」を扱う部署。その中でも、殺人や強盗・強姦といった強行犯を扱うのが「捜査一課」です。とはいえ、捜査一課の刑事の仕事はドラマほど派手ではありません。捜査一課の刑事の管理体制と仕事を解説していきます。



スポンサーリンク
捜査一課の刑事の仕事はドラマほど派手じゃない

捜査一課の管理官という役職

捜査一課はさらに各「係」に分けられていて、捜査自体は各係の捜査員が班を組んで行います。班をまとめるのが「係長」で、すべての係を統括するのが「捜査一課長」です。

しかし、係長と課長の間には、課長の補佐的な役割を担う「理事官」とその下に位置する「管理官」という役職があります。

管理官は事件発生時に現場に向かい、捜査本部が設置されたときは陣頭指揮を行うという実質的な統括業務を行うのです。なお、理事官が置かれているのは警視庁のみで、ほかの警察本部では管理官がナンバー2となります。

捜査一課の刑事の仕事とは地味

警察ドラマで日々犯人を追う刑事たちとは違い、実際の捜査一課の刑事たちが日常的に追われている仕事とは、意外なことに地味な内容がほとんど。緊急の事案などを抱えていなければ、朝7時半から8時半の出勤と同時に、捜査状況を確認する捜査会議が行われます。

その後、聞き込みや張り込みの必要があれば「外回り」に出かけますが、必要がないときに待ち受けているのが、事件報告などの書類整理。警察といえども役所のひとつなので、申請や報告などはすべて書類によって行われるからです。

午後からは外回りが主となり、緊急事案がなくとも地域の有力者や協力者を訪ねて話を聞き、情報を得ています。これは通称「檀家まわり」と呼ばれ、有力情報を得ることで事件の解決に結びつけたり、発覚を未然に防いだりするのに役立てているのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

■「捜査一課」おすすめ記事
鑑識の仕事!立場は捜査一課の刑事と同じだった
捜査一課の特殊部隊「SIT」の由来はローマ字
捜査一課の刑事と所轄の刑事がコンビを組む理由

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事