ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスの主流となったLHシステムの見分け方

オービスがレーダー探知機で見つけられたのは過去の話。いまオービスの主流となっているのはループコイル式。なかでも、老朽化したレーダー式オービスからの置換や、新設される際に設置される最新オービスが「LHシステム」です。最新オービスのLHシステムを見分ける方法を紹介します。



スポンサーリンク
オービスの主流となったLHシステムの見分け方

LHシステムはループコイル式

現在、設置台数を急速に増やし、主流となりつつある最新オービスが東京航空計器が提供する「LHシステム」です。老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換、及び新設される際はほとんどのケースがこちらです。

LHシステムという名前は「ループコイル(Loop Coil)式」の「Hシステム」が由来。地中に埋められたループコイルで車速を計測して、違反車両はHシステムと同じように路上に設置されたCCDカメラで撮影します。

ちなみに、Hシステムはレーダー波で車速を計測するオービス。白く正方形のハンペン型アンテナが目印です。赤外線ストロボとCCDカメラが両サイドに設置されています。

LHシステムを見分けるポイント

最新オービスであるLHシステムは、レーダー式オービスのようなレーダー照射部がない上に、車両の撮影もCCDカメラのため、NシステムやTシステムといった路上カメラと見分けがつきにくくなっています。

紛らわしい路上カメラとLHシステムを見分けるポイントは2つ。1つは赤色灯付きのボックスがあることです。LHシステムはF型やアーチ型の支柱に設置されていますが、支柱付近に赤色灯付きの制御部らしきものが設置されています。

LHシステムを見分けるもう1つのポイントは、赤外線ストロボとCCDカメラの撮影ユニットの数が車線数を超えないこと。なお、撮影ポイントとなる路上には、白線が引かれていることも特徴です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「LHシステム」おすすめ記事
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事