ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りが「0」と「8」の付く日に多い理由

行楽シーズンは「ネズミ捕り」の季節ともいえます。ほぼ場所が特定されているオービスと比べ、有人式の速度違反取り締まりであるネズミ捕りは神出鬼没。そこで、ネズミ捕りが行われやすい時期や場所を紹介しましょう。ネズミ捕りが行われるのは「0」と「8」が付く日に多いのです。



スポンサーリンク
ネズミ捕りは「0」と「8」が付く日に多い理由

ネズミ捕りが多くなる時期

ネズミ捕りは警察自身が取り締まり情報を流していることもあります。各都道府県警のWebサイトや地方新聞などには、公開取り締まりの情報が載っている場合も多いものです。

中には、警察署の交通課のホワイトボードを何気にのぞき込むというツワモノもいます。それらしい文字が書いてある日付を確認して、ネズミ捕りの実施をチェックするちゃっかり者もいるのです。

実際、ネズミ捕りはいつ頃行われることが多いのでしょうか? 時期的には行楽シーズン、交通安全週間中、土日や休みの朝、「0」と「8」の付く日など。「0」と「8」の付く日は数字をタイヤや2輪に見立てているといいます。

ネズミ捕りが行われる時間帯

このほか、警察単位で設けられている「交通安全日」、局地的な死亡事故の増加で緊急事態等が本部から出されている時もネズミ捕りの実施タイミング。道路脇にパイロンが置かれていないか注意しましょう。

ネズミ捕りが行われる時間帯としては、休み前夜、通勤時、昼下がり、休日の朝が最も危険と捉えるべきでしょう。とくに、見通しのよい幹線道路や先が見えにくいカーブを走るときは要注意です。

天候としては、雨だからやっていないというのは大きな間違いです。取り締まり機器の中には防雨型の機種もあります。また、高速下やトンネル内やガード下の走行にも十分注意すべきでしょう。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事