ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察職員への苦情は公安委員会よりも監察官室

警察職員の職務執行についての苦情は、公安委員会よりも監察官室が効果的です。制度としては公安委員会に申し出ることになりますが、実際にはあまり機能していないのが実状。そこで、警察職員の信用失墜行為に関する申し出を受け付けている警察本部の監察官室が有効なのです。



スポンサーリンク
警察職員への苦情は公安委員会よりも監査官室

警察職員の職務執行についての苦情

職務質問・不祥事・威圧的な態度…警察職員の職務執行についての苦情は、制度上、公安委員会が受け付けています。都道府県公安委員会は都道府県警察の運営を管理する権限を有しているからです。

具体的には、警察法に基づいて警察職員の職務執行について苦情がある場合は、都道府県公安委員会に対して署名または捺印の上、文書により苦情の申し出をすることができます。

しかし、当事者以外(目撃した第三者など)の申し出を受け付けない、FAXやメール、匿名はNG、市長による推薦でなる委員は名誉職化し、警察や司法に関する知識が乏しいなど問題山積です。

警察職員の信用失墜行為を受け付け

各都道府県の警察本部にある監察官室では、個々の警察官に対する苦情を受け付けています。不当な取り締まりや職質と感じたら、事前に警察手帳の提示を求めた上で、証票の番号を控えましょう。

服務中に関しては、公の場で穏当な範囲(名誉毀損にならない)であれば、スマホなどでの撮影も証拠となりうる傾向があります。調査の結果、何らかの処分が下されるかもしれません。

警察本部によっては「監察官室」への連絡先をアナウンスするWebサイトもあります。警察職員の信用失墜行為に関して、電話・封書・メールで広く受け付けているのです。(文/今野博志)

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
警察用語でやどは留置場で別荘は刑務所のこと

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事