ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスの代名詞レーダー式は老朽化で減少傾向

レーダー式オービスはレーダー波で車速を計測する、昔ながらのタイプ。現在は他のオービスへ切り換えが進んでいますが、現役で稼働しているものも多数存在します。とはいえ、オービスの代名詞ともいえるレーダー式は老朽化で減少傾向にあるのでした。



スポンサーリンク
オービスの代名詞レーダー式は老朽化で減少傾向

レーダー式オービスは10.525GHz

「レーダー式オービス」は10.525GHzのレーダー波、いわゆるXバンドを使って車速を計測する無人式の速度取り締まり機です。いわゆるレーダー探知機が反応するオービスの代名詞ともいえる存在といえます。

レーダー部は、路面に向けて30度の角度で設置。10.525GHzのレーダー波が常時発射されています。向かってくるクルマに電波を照射し、その反射から「ドップラー効果」でスピードを導き出すわけです。

レーダー部の形状は、丸型と角型があります。丸型は松下通信工業製(現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)。角型は三菱電機製です。

レーダー式オービスの電波に反応

レーダー探知機は、このレーダー式オービスが発射している10.525GHzの電波を事前にキャッチしてその存在を知らせてくれる装置。なお、レーダー探知機が反応しない場合、ダミーの可能性もあります。

そして、違反車両はレーダー部奥の路肩や中央分離帯などに設置されたカメラで撮影します。金網に守られていることがよくあるパターン。違反車両は、赤外線ストロボとフィルムカメラで撮影されます。

現在はレーダー式オービスの老朽化が進み、全国的には減少傾向。ループコイル式のLHシステムに置換されています。とはいえ、首都高や東北地方では現役で稼働中です。

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事