ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の見逃しはサインさせるためのテク

スピード違反で捕まった体験談として「赤キップを見逃してもらった」話を聞いたことがあるでは? すなわち、本来は時速30kmオーバーのスピード違反のところ、時速29kmオーバーの青キップにしてもらったというものです。じつはこれ、温情かと思いきやうまくサインさせるテクニックでした。



スポンサーリンク
スピード違反の見逃しはサインさせるためのテク

スピード違反で温情をかけてもらう

スピード違反の中でも軽微なものは「反則行為」と呼ばれ、一定期間中に納付書に書かれた反則金を払えば済みます。このとき渡されるのが「交通反則告知書」。いわゆる青キップです。

一方、一般道で時速30km以上オーバー、高速道で時速40kmオーバーなどの重いスピード違反には、赤キップと呼ばれる「交通切符告知票」が渡されます。赤キップは、反則行為ではなく刑事罰として前科が付くもの。交通裁判所に呼び出され、裁判を行うのです。

このため、一般道で時速30km以上オーバーで本来は赤キップのところを、29kmオーバーの青キップとして見逃してもらったという話になるというわけ。このようにスピード違反で温情をかけてもらったという話は実際にあるのでしょうか?

スピード違反の見逃しはテクニック

元交通機動隊関係者はこういいます。「今はストップメーターがデジタル式になり、そういうことはありません。昔はアナログの針式だったので『右から見てみなさい』ということもありました」と話します。

「例えば法定速度60kmの一般道で時速90km出したスピード違反をギリギリ時速89kmにして青キップで取り締まることもありました。しかし、それは相手に得させた気にさせて素直にサインさせるため」というのです。

スピード違反の見逃しはあったといいますが、それはあくまで素直にサインに応じさせるため。温情かと思いきや、ゴネるドライバーをうまくいいくるめるためのテクニックなのでした。

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

■「取り締まり」おすすめ記事
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事