ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りは光電式なら間に合う可能性が高い

ネズミ捕りとは、有人式の速度違反取り締まりのことです。速度違反の取り締まりは大きく分けて、無人式と有人式の2タイプに分類可能。無人式がいわゆるオービスと呼ばれる速度違反を自動的に撮影する装置です。一方の有人式には、ネズミ捕りのほかパトカー追尾式などがあります。



スポンサーリンク
ネズミ捕りは光電式なら間に合う可能性が高い

ネズミ捕りはレーダー式と光電式

ネズミ捕りとは、有人式の速度取り締まりのなかでも、走行する車の速度を計測する現認係と違反車両を止める停止係に分かれて行われるもの。ネズミ捕りはレーダー式と光電式に大きく分けられます。

レーダー式ネズミ捕りは、現認係の警察官がレーダー波を使って車速を計測。違反車両は停止誘導係に停められて駐車スペースに誘導された後、サイン会場や警察車両内で違反キップに署名させられるというわけです。

レーダー式ネズミ捕りで使われるのは、レーダー式オービスで使われるのと同じ10.525GHzの電波。いわゆるレーダー探知機が反応する周波数です。ただし、現認係がボタンを押したときだけ電波を発射するため察知するのは難しいでしょう。

光電式ネズミ捕りは真横で計測

光電式ネズミ捕りは、道路に設置した2セットの「光電センサー」を使って車速を測るタイプ。1つの光電センサーは送受光器と反射板がセットになっています。違反車両の誘導はレーダー式ネズミ捕りと変わりません。

なお、光電式ネズミ捕りは左路肩にパイロンが不自然に置かれていたら要注意。これはバイクなどが路上に置かれた光電センサーに衝突しないように置かれているものです。後ろに計測係が潜んで車速を計測している可能性が高いでしょう。

光電式ネズミ捕りは、現認係の真横で車速を計測していることが特徴。広範囲で測定しているレーダー式ネズミ捕りと比べると、光電センサーの存在に気づいてから速度を落としても間に合う可能性が高いといえるでしょう。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事