ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反取り締まりでサインしないとどうなる?

身に覚えがないのに取り締まりで交通違反キップを切られたとき、どのように対処するのが正しいでしょう。まず納得がいかないときはサイン拒否することは可能。その後は裁判所などで身の潔白を主張していくことになります。交通違反取り締まりでサイン拒否したときの流れを見ていきましょう。



スポンサーリンク
交通違反取り締まりでサインしないとどうなる?

交通違反に不服なら潔白を主張

納得の行かない交通違反取り締まりで違反キップを切られたとき、どうすればよいのでしょう。警察から「サインしないと裁判で面倒なことになるよ」とパトカー内などでいわれたら、とりあえずサインをしてしまう人がほとんどでしょう。

サインをしない場合、交通違反が青キップなのか赤キップなのかでその後の流れが異なります。否認すれば不起訴率が高いといわれる青キップの場合、キップに署名をすると当然、違反を認めたこと同じこと。そのまま反則金の仮納付書を渡されます。

ここで交通違反の取り締まりに不服ならサインを拒否することは可能です。この場合は、交通裁判所にて潔白を主張して行くことになります。

交通違反取り締まりでサイン拒否

一方の赤キップの場合も、不服ならサインを拒否することは可能です。後日、検察庁へ出頭要請が来るので出頭します。ここで略式裁判に応じるようにいわれても、正式裁判に持ち込む意志を伝えることが大切です。

するとそのまま帰され、後日の呼び出しを示唆されるといわれています。その後、半年以上出頭要請が来なければ不起訴の可能性もあるのです。

要するに、交通違反取り締まりのサインは違反を認めたことを意味します。納得がいかないなら拒否してもよいのです。もちろん、交通違反をしたと認識したときは、素直に取り締まりに従いましょう。

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
白バイ隊員がこっそり教えるセコイ交通違反狩り
白バイ隊員が教える交通違反取り締まり神業テク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事