ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りがアンダーパスや陸橋で行われる理由

自動的にスピード取り締まりを行うオービスはGPSレーダー探知機などで容易に対応できます。しかし、警察官自らがスピード取り締まりを行う「有人式」はいつどこで行われるかを把握するのは困難。なかでもネズミ捕りは神出鬼没。ネズミ捕りが行われやすい場所を知っていて損はありません。



スポンサーリンク
ネズミ捕りがアンダーパスや陸橋で行われる理由

ネズミ捕りの手口は非常に巧妙

有人式の取り締まりにはいくつか種類がありますが、中でも気を付けたいのがいわゆる「ネズミ捕り」になります。オービスと違って事前に把握できないため、油断したその瞬間に検挙されるなんてことも少なくありません。

しかも、ネズミ捕りの警察官は物影に隠れて車速を測ったり、周囲に溶け込む服装をしたりと、ネズミ捕りの手口は非常に巧妙。複数の警察官を投入して、息の合った連携プレーで違反者を捕獲していきます。

とはいえ、ネズミ捕りには共通した特徴があるため、ある程度の知識があれば対策することは可能。それには、ネズミ捕りの仕組みを把握することが大切です。そもそもネズミ捕りは3班体制で行われます。

ネズミ捕りの場所は限られてくる

まずは車速測定器の近くに待機してクルマの速度を測定する「現認係」と、現認係から連絡を受けてクルマを停止させる最低2人以上で構成された「停止係」。そして、捕まったドライバーが署名する「サイン会場」があります。

この3班体制で行われるネズミ捕りは、それなりのスペースが必要ということ。現認係が隠れられ、停止係が飛び出しても危険がなく、しかもサイン会場が設置できるスペースがある道路となると、ある程度限られてくるというわけです。

具体的にネズミ捕りが行われる場所は「信号と信号の間が長い直線区間」「頭上を道路が走るアンダーパス」「長い陸橋」で出没する傾向があります。また、都市部では休日の午前、郊外では平日の日中が狙われるケースが多いのです。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
ネズミ捕りは路肩にパイロンを見つけたら要注意

■「スピード違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事