ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反は15km/h以上で捕まる可能性が高い

スピード違反は「最高速度を超える速度で進行してはならない」と道路交通法で定められているもの。このため、何km/hを超えると違反になるかと聞かれれば、1km/hでもオーバーしたら違反となります。ただし、実際にスピード違反で捕まるのはは15km/h以上の可能性が高いのです。



スポンサーリンク
スピード違反は15km/h以上で捕まる可能性が高い

スピード違反の超過速度別の件数

速度メーターには若干の誤差があるもの。スピード違反で検挙しようとして「誤差のせい」とドライバーに指摘されていては、違反が成立しにくくなります。警察側も余計な作業が増えてしまうでしょう。

このため、スピード違反はだいたい15km/h以上の超過で取り締まりが行われるといわれています。実際、警察庁が出している速度別のスピード違反取り締まりのデータを見れば一目瞭然です。

スピード違反取り締まり件数が全国で約222万件あったとき、超過速度が15㎞/h未満はわずか40件でした。これが20㎞/h未満になるとケタが一気に変わって715,420件、25㎞/h未満だと802,358件となっているのです。

スピード違反は15km/h以上で捕まる

すなわち、15km/h以上25km/h未満の件数がスピード違反取り締まり件数の3分の2を占めていることになります。こうしたデータからも、スピード違反は15km/h以上で捕まる可能性が高いといえるでしょう。

なお、同じ警察庁の資料によると、スピード違反取り締まりの方法による検挙の割合は「定置式」が53.1%、「追尾式」が43.6%、「オービス」が3.3%でした。

ここでいう定置式は、いわゆるネズミ捕りといわれる有人式のスピード違反取り締まり。レーダーパトカーによる検挙も含んでします。一方、追尾式はパトカーや白バイが追尾して速度を計測する方法です。スピード違反は、オービスよりもネズミ捕りやパトカー追尾による検挙が圧倒的に多いのでした。

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕りのレーダー式は地方ではまだ健在
光電管式ネズミ捕りの測定装置に歴史あり
光電管式のネズミ捕りは誤動作の可能性アリ
ネズミ捕りフラグは道路脇に置かれたパイロン

■「取り締まり」おすすめ記事
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事