ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反を監視員が見て見ぬフリをする場所とは

同じような駐車違反でも違反チケットが貼られたり貼られなかったり…。駐車監視員はきちんとマニュアル通りに取り締まりを行っているのでしょうか。明らかな駐車違反でありながら、監視員がスルーするケースは多々あります。駐車違反を監視員が見て見ぬフリをする場所とはどんなところでしょう。



スポンサーリンク
駐車違反を監視員が見て見ぬフリをする場所とは

駐車違反は小型店舗の前はスルー

郊外の駐車違反取り締まり重点地域を巡回車で回る駐車監視員に密着してみました。出発は11:00。巡回は、ダイハツのミラかスズキのアルトで、特別なオプションの全くない低グレード車です。

ごちゃごちゃとした商店街を抜ける一方通行路に、ドライバー不在で駐車違反しているクルマを多数発見。ところが、巡回車は取り締まりを行わずにスルーしていったのです。

駐車違反の取り締まりは、小型店舗の前の場合は監視員の行動が店内から見えるため、チケットを貼ろうとしても逃げられてしまうことが多いといいます。しかし、郊外にある大型店舗は店外の様子が見えないため逆に貼られやすいのです。

違反チケットの印刷に3~5分

駐車監視員は規定の19時より早く切り上げて巡回終了。全体的にはユルい感じですが、交差点・横断歩道近くで警告看板が林立する周辺の駐車違反では急に牙をむくという印象でした。

駐車監視員はすべての駐車違反を狙うわけではありません。確実に違反チケットを貼れそうな獲物を探すのです。駐車違反の確認から違反チケットを印刷まで3~5分が規定の時間。そのあいだにドライバーが戻ってこないクルマを狙います。

また、商店街の力が強く、取り締まりをしないように警察に働きかけている地域は巡回車は通り過ぎるとか。駅前のロータリー直近の駐車違反でも、風俗店関係者のクルマなのためかノーチェックでした。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車違反のステッカーを貼られない傾向と対策
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事