ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

酔っ払いが入れられるのは留置所ではなく保護房

映画やドラマで登場する警察の留置所。とかく留置所に入る人が注目されがちです。しかし、そこには留置所を担当する警察官が存在しており、日々の業務をこなしています。そんな留置所の実態を担当の現職警察官が話してくれました。ちなみに、酔っ払いが入れられるのは留置所ではなく保護房です。



スポンサーリンク
酔っ払いが入れられるのは留置所ではなく保護房

留置所とは別にフローリングの保護房

警視庁の某警察署に勤務する留置所の担当警察官に話を聞きました。基本的に留置所は、逮捕者や被疑者を裁判までとどめ置く施設です。留置所の担当の職務的には、留置人からの要望を書類にして決済に回すのが主な仕事です。

「留置所の扉は今でも映画とかであるぶっといオリなんですよ。床はカーペット貼りで、中にあるのは必要最小限の家具とフトン、洗面用具くらいですかね」とのこと。ただし、警察署にはもう1つ、保護房があります。

「保護房は酔っぱらいなどを一晩入れておくためのもので留置所とは別。酔っぱらいは吐いたり漏らしたりしますから床はフローリング」なのです。とはいえ、1日中そのような環境で仕事をするのは大変そうです。

留置所担当はストレスで1年半で異動

しかも「留置所の留置人って人間の証拠品という扱いなんです」と話します。「つまり、死なれるとマズい。家族や弁護士からの差し入れは徹底的にチェックします」という留置係ならではの苦労があるのです。

「そういえば、弁護士からの差し入れで包丁が持ち込まれて留置人が自殺未遂があったときは、その年の警視総監賞がナシになった」と噂されたといいます。このため「ストレスはすごい」とのことです。

このため、留置所担当は1年半で異動という慣例があります。「自分はもう数か月で1年半経って異動になります。交番勤務の希望を出していますけど、希望が通るのは難しいかな。ちなみに普通の部署なら異動は5年ごと」なのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。