ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車違反のカモになる「すぐ移動します」貼り紙

駐車違反を取り締まる駐車監視員も人の子。機械のように任務を遂行しているわけではありません。交通の支障よりも駐禁ステッカーが貼りやすいかどうかが優先されがちです。とはいえ、たまに見かけることのある「すぐ移動します」の貼り紙は逆効果。駐車違反の格好のカモになってしまいます。


スポンサーリンク
駐車違反のカモになる「すぐ移動します」貼り紙

駐車違反のいいカモになる貼り紙

駐車禁止区域の停車して「近くの××にいます。すぐに移動しますので電話ください」と貼り紙をして、クルマを離れる人を見たことがあるでしょう。しかし、駐車監視員にいわせれば駐車違反のいいカモです。

「電話をかけてくれたら移動する=車両をすぐに移動できる」状態ではありません。むしろその貼り紙は、しばらく戻らないことを宣言しているようなもの。駐車監視員はけっして見逃してくれることはないのです。

それでは「故障中」という貼り紙をするとどうでしょう? 「車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること」、これが駐車の定義です(道交法第2条第1項第18号前段)。

駐車自体は違反でも取り締まれない

たとえ故障であっても、駐車禁止場所に駐車すれば違反。だいたい通常ならレッカー車が来るまで待つものでしょう。貼り紙してどこか行ってしまうというのもおかしな話です。

今はスマホがあるので「公衆電話を探しにクルマから離れた」といういい訳も通じません。本当に故障しているなら、警察に正直に連絡するのが得策。場合によっては見逃してもらえる可能性があるかもしれません。

「駐車監視員が来た」と見張り役から報告を受け、すぐクルマに戻るならぎりぎりセーフ。禁止場所に駐車すること自体が違反ですが、駐車監視員は「放置車両」でなければ取り締まれません。

実際、駐禁ステッカーを貼り付けた数より、貼り付ける前に運転者が戻ってきてセーフとなった数の方が2倍以上も多いという警察庁のデータがあるほど。駐禁ステッカーが貼られる前に戻れるかが駐車違反のポイントになります。

■「駐車違反」おすすめ記事
駐車違反のステッカーを貼られない傾向と対策
駐車監視員制度になって駐車違反は減っている?
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事