ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒検問は大通りを避けるドライバーの裏を突く

「飲んだら乗るな」の標語のとおり、飲酒運転は絶対禁止。それでも飲酒運転の事故件数が減らないため、飲酒検問が行われることもしばしばです。そんな飲酒検問は、大通りを避けるドライバーの裏を突く場所で行われます。幹線道路から路地に入った一方通行など逃げようがなお場所です。


スポンサーリンク
飲酒検問は大通りを避けるドライバーの裏を突く

飲酒検問はポイントが稼ぎやすい

酒酔い運転(フラフラの状態)で5年以下の懲役又は100万円以下の罰金。呼気中のアルコール濃度が0.15mg以上の酒気帯び運転で3年以下の懲役又は50万円以下の罰金…という厳しい罰則となっています。

それにもかかわらず、飲酒運転の事故件数はなかなか減っていかないのが実状。警察が飲酒検問に力を入れるのは、ドライバー側にも責任の一端があるのかもしれません。

飲酒検問が実施されるのは主に夜間。交通機動隊だけではなく自動車警ら隊も独自に行うことができることもあって、警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりです。

飲酒検問は路地奥に白バイが待機

飲酒検問の場所は「幹線道路から1本入った通りが多いですね。大通りを避けるドライバーの裏を突くのです」と話すのは元警察官。幹線道路から路地に入った2車線の一方通行など、逃げようがない場所や意表を突いた場所が選ばれます。

また、飲酒検問では「窓を開けた時に酒の匂いは分かります。息を吐かせるのは挙動を見るためなのです。息を少ししか吐かなかったり、逆に吸い込む人もいます(笑)。警察官もそんなに他人の息をかぎたくありません」といいます。

「怪しいクルマは検問前でスピードを落としたり、路地に逃げようとしたり、Uターンしようとしたり…。70%は動きで分かりますね」とのこと。ただし、飲酒検問時は近くの路地の奥などに白バイや他の警察官が待機しています。逃げようとすると即座に取り締まられるのです。

■「飲酒」おすすめ記事
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク
アルコール分解にはグレープフルーツジュース
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事