ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?

無人式の自動速度取り締まり装置「オービス」は時代とともに進化し続けています。そしていま、オービスの主流となりつつあるのが「LHシステム」です。路上のアーチに設置されたCCDカメラと赤外線ストロボの撮影ユニットが外見上の特徴になります。LHシステムについて詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
オービスの主流「LHシステム」のLHは何の略?

LHシステムはループコイルで測定

スピード取り締まりは大きく分けて、「無人式」と「有人式」の2タイプに分類できます。無人式とは、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影する固定式のもの。いわゆる「オービス」です。

オービスは、10.525GHzのレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」がかつては広く使われていました。そして、近年主流なのがレーダー波を使わず道路に埋め込まれたループコイルによって測定する、「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

この4種類のオービスに加えて、もう1つ覚えておきたい新型が「移動式オービスiM」。この新型取り締まり機はコンパクトで、標識のように生活道路などに設置できるのが特徴です。

LHシステムは白線が撮影ポイント

そして、老朽化したレーダー式オービスやHシステムからの置換や、新設される際に設置されるのが東京航空計器が提供する「LHシステム」。このLHシステムが設置台数を急速に増やし、いまやオービスの主流となりつつあります。

LHシステムの名前の由来は“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”。そのため、ループコイル式オービスと同様に地中に埋設された磁気センサーで車速を測ります。

そして、違反車両の撮影はHシステムと同じように、路上に張り出した支柱に設置された赤外線ストロボとCCDカメラで行うという仕組みです。なお、手前の白線がLHシステムの撮影ポイントとなっています。

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事