ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

科学捜査研究所と科学警察研究所の違いとは?

刑事ドラマなどでもよく登場する科学捜査研究所、通称「科捜研」。日々、各専門分野のプロたちが難事件の手口を割り出すために研究しています。さらに、科捜研では扱えない大規模な分析が必要な場合は「科学警察研究所」(科警研)が担当することになります。詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
科学捜査研究所と科学警察研究所の違いとは?

科学捜査研究所は刑事部に設置

犯罪現場で採取された遺留品は、まず鑑識課で分析が行われますが、すべてが鑑定されるわけではありません。より正確な分析が必要となった時、送られるのが科学捜査の研究や鑑定を行う機関「科学捜査研究所」(科捜研)です。

科捜研は主に各都道府県警察刑事部に設置され、「法医」「化学」「物理」「文書」「心理学」という、5つの部門に分けられています。ただ、研究員の多くは警察官ではなく技術職員という立場なので、捜査権も逮捕権も持っていません。

科捜研の5つの分野の中で、「法医」は、犯罪現場に残された血液・唾液・精液・毛髪などの血液型やDNA型検査などが担当です。最近では特にDNA型鑑定技術の進歩は目覚ましく、今やその精度は約5兆人に1人の正確さで個人を特定できるほど。迷宮入り事件の解決にも大きな期待が寄せられています。

科学警察研究所は警察庁の所属

「化学」は、覚せい剤や大麻などの薬物や有毒ガスの鑑定がメイン。また、微量な繊維や油類などの分析も行います。「物理」は画像や音声検査、発砲事件で使われた銃器類の鑑定が主。最近では急増するサイバー犯罪における、コンピュータ解析も行っています。

「文書」は筆跡鑑定や不明文字の鑑定・判読。さらには、偽造パスポートや紙幣などの鑑定も担当しています。「心理学」は、ポリグラフ(ウソ発見器)検査による犯人像の推定、いわゆる「プロファイリング」を行っています。事故に関する記憶の検査もここの業務です。

科捜研では扱えない大規模な分析が必要な場合は、「科学警察研究所」(科警研)が担当することに。科警研は警察庁刑事局の所属で、業務内容は科捜研よりも多岐に渡り、裁判所や検察長から依頼を受けたものの鑑定、鑑定技術職員の指導・研修、研究開発も行っています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事