ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

警察官には警視正や警部といった階級があるのはご存じのとおり。警察官は左胸に階級章を付けていて、ラインの数と輝きがすごくなるほど偉くなります。そして、警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わります。警察官は同じ職場に国家公務員と地方公務員が混在しているのです。


スポンサーリンク
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる

警察官の階級に巡査長は存在しない

警察官がほかの公務員や民間人と異なる点に「階級」の存在が挙げられます。これは、自衛官や海上保安官、消防士も同じで、素早い判断と厳格な命令が求められる職種において、上下関係や責任の所在を明確にする必要があるからです。

日本の警察では警察法第62条により9階級に区分され、警察官は上から「警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長」、そして採用されたばかりの新人は「巡査」となります。

また、巡査と巡査部長の間に「巡査長」という階級もありますが、これは正式な階級ではありません。勤務成績が優秀で実務経験も豊富ですが、昇任が困難もしくは昇任試験を受けない巡査が任命される、一種の名誉階級です。

警察官は階級によっては国家公務員

なお、警察庁のトップは「警察庁長官」ですが、これは他省庁の事務次官に相当するため階級制度が適用されません。さらに階級によって国家公務員と地方公務員に分けられているのも、警察官という職業の大きな特徴でしょう。

警察官で地方公務員となるのは巡査から警視まで(警察庁勤務を除く)。警視正以上は都道府県警に勤務していても国家公務員扱いとなり、この身分にあるものを地方警務官といいます。

つまり、警察官は同じ職場に国家公務員と地方公務員が混在しているということ。地方公務員は地方税から、国家公務員は国税から給与が支払われることになるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事