ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスによる速度取り締まりはどこまで正確?

速度取り締まりのパターンは大きく分けて「無人式」と「有人式」の2タイプに分類できます。このうち無人式で、路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反者を自動的に撮影するのが「オービス」です。はたして、オービスによる速度取り締まりは正確なのでしょうか。


スポンサーリンク
オービスによる速度取り締まりはどこまで正確?

オービスは悪質な速度超過を撮影

オービスは極めて悪質なスピード違反を撮影することになっています。具体的には赤キップの違反、つまり一般道だと速度超過30km/h以上、高速道だと速度超過40km/h以上を撮影するのが基本です。

この一般道で30km/h以上、高速道で40km/h以上の速度超過は、交通違反の点数でいえば6点以上。最低でも、一発免停となる交通違反になります。オービスはこうした重いスピード違反を取り締まるのです。

オービスの場合は、現場では速度測定と撮影を行うだけ。写真にはクルマのナンバーと運転者が写り込んでおり、測定値が自動的に焼き付けられています。そして、ナンバーを元にクルマの所有者に通知して違反者を警察署へ呼び出すのです。

オービスの速度測定値の信用性

オービスによる速度取り締まりでは「そんなスピードを出してない」と争うケースがあります。裁判でオービスの測定値の信用性を、検察はオービスの製造販売会社の社員を証人として呼び出して証言させます。

「誤差の範囲は±2.5%。そこで、生のデータに0.975を掛けたものを測定値とし、かつ小数点以下を切り捨てます」と証言。測定値は実際の速度と同じか、最大で5%低く表示され、プラス誤差は絶対に出ないと説明するのです。

さらに「測定が終わると同時にタイマーを作動させ、撮影地点へ車両が到達した時にカメラがシャッターを切ります」と説明。速度がオービスの測定値より遅ければ、撮影地点より手前で撮影されることに示唆します。そして、写真がちょうど撮影地点で撮影されていることから、測定値が正確だと説明するのです。

■「オービス」おすすめ記事
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
カーナビアプリは実録オービスPROで完成する
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事