ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイのキップのノルマが若い隊員ほど多い理由

白バイ隊員にはキップのノルマはあるんでしょうか? 元白バイ隊員によると「月間の“目標件数”というのがあります。新人は100件とかね。若いヤツほど多いんです」と話します。白バイのノルマが若い隊員ほど多い理由と、ノルマ達成のために狙われる交通違反を見ていきましょう。


スポンサーリンク
白バイのキップのノルマが若い隊員ほど多い理由

白バイ隊員は若いほどノルマが多い

若い白バイ隊員ほどノルマが多いなるとノルマ達成が厳しそうに思えます。しかし「白バイは基本1台で行動しています。2台1組というのは新人の教育中です。毎年3月と9月に新人が来る」といいます。

そして「そこから半年は先輩と一緒に行動して、教育していくわけです。新人は2台1組で効果的な捕まえ方を教わりながら行動するんで、件数は上がっていく」となるわけです。

一方で「問題は教育係ですよ。新人の相手をしている時間は自分の件数は上がらないんで、1人になった時、必死になって件数を稼いでいます。月末になって余裕で流しているのは件数を達成している隊員」といいます。

躍起になっている白バイには注意

逆に、月末に「原付ばかりを捕まえている白バイは、目標件数に足りていない隊員ですね。なんで、月末に躍起になって動いている白バイには注意です」とのこと。月末はとくに交通違反を犯さないよう注意が必要です。

白バイが月末に狙う交通違反でもっとも多いのが、原付バイクによる2段階右折無視。それ以外に狙われるのが一時停止違反です。しかも、白バイ隊員はそれぞれ独自の“狩り場”を持っているといいます。

狩り場は「主がいる時は他の隊員は使えません。ベテランほどいい狩り場を持っていますので、ベテランが休みや非番の時はこっそりと借りちゃいます。同じことを考えている隊員は必ずいて、気心知れた相手だと、お互い目標件数が足りないのも分かっているんで、2台で話し合って交互に捕まえたり」するのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事