ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐禁チケットを貼られてまず最初にするべきこと

駐車監視員によると駐禁取り締まりは、駐禁チケットとも呼ばれる確認標章が貼られた時点でアウトです。貼られた駐禁チケットをはがせるのは、そのクルマの運転者や管理者のみ。駐車監視員には駐禁チケットを剥がす権限がありません。ただし、まだ望みはあるかもしれません。


スポンサーリンク
駐禁チケットを貼られてまず最初にするべきこと

駐禁チケットを貼り付けるまでの手順

まずは駐車監視員が駐禁チケットを貼り付けるまでの手順を見ていきましょう。時間超過しているパーキングチケットを見つけると、駐車監視員は運転者などがいないこと、除外標章や許可書がないことを確認します。

続いて、違反内容の認定と車種の確認。証拠写真として、駐車状況とナンバープレートを撮影します。撮影した証拠写真は、駐車違反処理用の携帯端末へ無線で送信される仕組みです。

そして、駐車場所の町名・番地・道路号線を確認。車種・ナンバー・違反態様の入力を行います。見取り図作成、プリンターの電源投入、標章用紙の有無確認と進んでいくのです。

駐禁チケットは意外に誤記入が多い

このあと、規定時間の経過待ちの間に、駐車監視員は再度打ち込み内容の確認をします。ちなみに、証拠写真の撮影から3~5分ほどが規定の時間です。このあと、いわゆる駐禁チケットと呼ばれる確認標章の印刷開始です。

確認標章と担当した監視員、時刻、違反内容、脱字等の確認したら、駐禁チケットを車両フロントガラスに貼り付け。この時点で確認業務は成立です。貼り付け後に駐禁チケットと車両を撮影して、端末へ送信します。

ただし、駐禁チケットは意外に誤記入が多いもの。駐禁チケットに記載された、クルマのナンバーや違反日時、違反場所などをよく見てみましょう。その場合、免除されることもあるからです。

とはいえ、路上駐車は渋滞や事故の原因となります。駐禁チケットが貼られることのないように、交通ルールをしっかり守りましょう。

■「駐禁」おすすめ記事
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事