ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機

パトカーの追尾を音声警告するお手軽受信機が、エフ・アール・シーの「FC-S117」です。受信してもノイズだけのデジタル警察無線を、その割当周波数から県内系・部隊活動系・署活系・カーロケに分類。用途に合った“警告”を読み上げます。間接的に近くにパトカーや検問があることを教えてくれるのです。


スポンサーリンク
パトカーや白バイの追尾を知らせるお手軽受信機

パトカーの接近を知らせる受信機

携帯電話がアナログ方式で、通話内容が筒抜けだった1990年代後半。受信マニアだけではなく、多くの一般人が受信機に耳を傾けた受信ブームの絶頂期でした。そのブームを支えたのは、全国のディスカウントショップ・ホームセンター・カー用品店にて、大幅値引きで販売されていた“お手軽受信機”です。

お手軽受信機は「携帯電話」「コードレスホン」「消防無線」といった、あらかじめ周波数がメモリーされたジャンルのボタンを押すだけで、スキャンやサーチが始まる、周波数の知識が無くても聞ける受信機です。

しかし、1999年のアナログ携帯電話の終了と同時にブームも終焉を迎え、お手軽受信機も市場から消えていきました。ところが2012年、テンキーモデルにお手軽受信機の機能を搭載した「FC-S117」が登場。パトカーや白バイの接近を知らせる“しゃべる受信機”として話題になったのです。

パトカーや白バイの追尾を声で警告

FC-S117は、例えば受信ジャンル「警察VHF移動局」でスキャンがストップすると、「パトカー無線を受信しました。パトカー、覆面パトカー、白バイの追尾にお気を付けて下さい」と、女性の声で警告してくれます。

お手軽受信機の性格をよく表しているのが、PTTスイッチの部分にあるスキャンのスタート&ストップボタン。最も多用するボタンだからです。VFOモードやメモリーモードでの受信もできますが、それは他の受信機に任せて、しゃべる受信機として楽しむのがベストです。

FC-S117の受信周波数は65~470MHz、受信モードはFM/ワイドFM/AM。メモリー数は400チャンネル、バンク構成は20チャンネル×20バンク、サーチバンドは10組です。電源は単4形乾電池×6本・DC12V外部電源端子。サイズは62W×99.5H×36Dmmで、重さは147gとなっています。実勢価格は10,463円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事