ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許証番号を見れば再発行した回数がわかる

運転免許証は身分証明書として提示される機会が多いもの。顔写真と名前、生年月日、住所などが記されているほか、12ケタの免許証番号が記載されています。身分証明のためにと、この免許証番号の控えをとることもよくあるケース。はたして、この12ケタの数字にはどんな意味があるのでしょうか?


スポンサーリンク
運転免許証番号を見れば再発行した回数がわかる

免許証番号の1~2ケタは交付場所

運転免許の免許証番号は当然、ある法則に基づいて数字が割り振られています。頭の1~2ケタは各都道府県の公安委員会の番号です。全国で51の番号があり、例えば「30」は東京になります。

このほかの数字は北海道が10番台、東北地方が20番台、関東甲信越地方は40番台、中部北陸地方は50番台、関西地方は60番台、中国地方は70番台、四国地方は80番台、九州地方は90番台です。

ただし、この公安委員会の番号は、初めて免許証を交付された公安委員会の場所。いまの運転免許が東京都公安委員会によって交付されたものでも、最初に交付されたのが千葉県であれば「44」と記載されているはずです。

免許証番号で再発行回数がわかる

次の3~4ケタは、同じように初めて免許証の交付を受けた西暦の下2ケタになります。自分が運転免許を取得した年を確認したければ、運転免許証番号の3~4ケタを見ればよいというわけです。

免許証番号の5~10ケタは各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号になります。この6ケタの数字に関してはとくに共通した法則性はありません。5~8ケタがピンクになっている理由も不明です。

11ケタは入力ミスの確認用番号で「チェックディジット」と呼ばれる数字。数字自体にとくに意味があるわけではありません。最後の12ケタは再発行された回数になります。あまり知られたくない人もいるでしょう。

このほか、運転免許には交付年月日の欄にも5ケタの数字が記載。こちらは内部検索用照会番号といわれるもので、各都道府県の公安委員会ごとに違っています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事