ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスと警察無線を警告するGPS搭載受信機

エフ・アール・シーのしゃべる受信機「FC-S117」発売の翌年、2013年に登場した上位機種が「FC-S789」です。同じようなボディ形状ですが、こちらは本体上部に受信機初のGPSユニットを搭載。現在地と連動した受信が楽しめます。しかも、GPSを利用してオービス探知機としても利用できる受信機なのです。


スポンサーリンク
オービスと警察無線を警告するGPS搭載受信機

デジタル警察無線を自動スキャン

この受信機はGPSにより、現在位置と連動した機能が盛り込まれています。空港の半径10km圏内に入ると空港名を表示して、その空港の割当周波数を自動的にスキャン。同様に受信周波数と位置情報を組み合わせて登録する、オリジナルポイント受信もできます。

そして異彩を放つのがドライブモードで、受信機がGPSオービス探知機に早変わり。オービスに接近すると音声で警告するのです。実際には、定置式オービスへの接近を警報音と距離表示(1053mと表示)で教えてくれます。

ドライブモード中は同時に、バックグランドでデジタル警察無線をスキャン。入感すると、こちらも音声で警告します。割当周波数別の警告音声が鳴り、ディスプレイが点滅。これで近くで警察が活動していることを教えてくれるのです。

持ち運びできるオービス探知機

このほか、FC-S789は2波同時受信、内蔵ICレコーダーへの受信音声録音、音声反転式秘話解読機能を搭載しています。「とにかく何でも聞いてみたい」という、ライトユーザー向けのハンディ機です。見方を変えると、持ち運びできるオービス探知機ともいえるでしょう。

受信周波数はAバンドが65~470/770~1300MHz、Bバンドが134~174/200~260/320~470MHz、受信モードはFM/ワイドFM/AMとなっています。メモリー数は800チャンネルで、バンク構成は40チャンネル×20バンク、サーチバンドは10組です。

電源は単4形乾電池×6本と、DC12V外部電源端子。サイズは62W×99.5H×39.5D㎜で、重さが154gとなっています。実勢価格は16,368円です。

■「オービス」おすすめ記事
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
Hシステム見極めポイント「はんぺんアンテナ」
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
カーナビアプリは実録オービスPROで完成する
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
レーダー探知機のおすすめを比較テストで選ぶ
レーダー式オービスは昔ながらの取り締まり装置

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事