ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤色灯が直で載ってる白黒パトカーは何が違う?

一見、同じように見える白黒パトカーでも車も警察官も全く別モノ。とくに、高度な運転技能を必要とする追尾式のスピード取り締まりの場合、速度を正確に計測できるクルマや警察官は限定されてきます。白黒パトカーに赤色灯が直で載っていたら要注意。交通取り締まり用を目的としたパトカーです。


スポンサーリンク
赤色灯が直で載ってる白黒パトカーは何が違う?

赤色灯が直に載る交通パトカー

警察の中でも交通取り締まりを主な目的としている部署が、交通機動隊(高機)と高速道路交通警察隊(高速隊)です。交機と高速隊の大きな違いは、交機が一般道を担当し、高速隊は高速道路や有料道路を担当することにあります。

そんな高機や高速隊が使用している白黒パトカーが交通パトカー。交通取り締まりが主な任務のため、排気量3,000ccのエンジンを搭載して車体も大きく、足元もしっかりしています。

外観の違いは散光式赤色灯がルーフに直に載っていること。250馬力オーバーの加速で接近追尾されると、夜間は特に発見が遅れがち。白黒パトカーにもかかわらず、ルームミラーに映る赤色灯の光で気づくということもあります。

赤色灯昇降装置は警らパトカー

白黒パトカーにはこの交通パトカーのほかに、警らパトカーがあります。こちらの白黒パトカーは、街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務。外観の特徴は、赤色灯昇降装置を搭載していることです。

交通事故の処理の時などでパトカーが道の真ん中で赤色灯を上げているのを見たことがあるはず。即席のバリケード兼目印になります。スイッチの他にトランクの開け閉めで動作可能です。

エンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はしますが、乗員にスピード測定の技量がないためスピード取り締まりは不得手。その分、信号無視や進行方向別通行区分違反などの現認系の違反で猛威をふるいます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事