ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の取締りは何キロオーバーが多い?

スピード違反の取り締まりは、ネズミ捕りといわれる定置式からパトカーや白バイによる追尾式、無人取り締まり装置のオービスまでじつにさまざま。流れに乗って運転しているだけなのに、運悪く取り締まりに遭遇する可能性は誰にでもあります。スピード違反の取締りは何キロオーバーが多いのでしょう?


スポンサーリンク
スピード違反の取締りは何キロオーバーが多い?

スピード違反の取締り方法の割合

法律の規定は「最高速度を超える速度で進行してはならない」なので、1キロでもオーバーしても違反は違反です。しかし、速度メーターには若干の誤差があるもの。「誤差のせい」といわれたら、スピード違反が成立しにくいでしょう。

また、少しの速度オーバーで取り締まると処理が追いつきません。加えて「悪質、危険、迷惑性の高い違反に重点をおいて取り締まる」というタテマエもあります。スピード違反の取り締まりは何キロオーバーが多いのでしょう?

警察庁の資料では、まずスピード違反の取り締まり方法別の検挙割合は、レーダー式や光電式によるネズミ捕りの定置式が53.1%、パトカーや白バイによる追尾式が43.6%、オービスが3.3%となっています。

違反行為別のスピード違反の件数

そして、違反行為別のスピード違反の取り締まり件数を見てみると、超過15キロ以上20キロ未満が32.2%、20キロ以上25キロ未満が36.1%でした。7割近くのスピード違反は、15キロ以上25キロ未満オーバーで取り締まられています。

さらには、25キロ以上30キロ未満は17.8%、30キロ以上50キロ未満が12.8%、50キロ以上は1.1%でした。ちなみに、超過15キロ未満の取り締まり件数は、わずかに0.002%という数値になっています。

ちなみに、交通違反の取り締まり件数のうちに、もっとも多いのが速度違反です。速度違反が占める割合は30.1%になります。続いて、一時停止違反が17.8%、携帯電話使用等違反が17.1%となっていました。

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り「よく晴れた休日の午前」に要注意

■「取り締まり」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの速度取り締まりは「待ち」が基本

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事