ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パーキングメーターで駐車違反になるケースとは

警察官が鍵付きの駐車違反のステッカーを取り付けていたのもいまや昔、現在は駐車監視員による取り締まりが主流です。しかし、駐車監視員による取り締まりは駐車違反のステッカーが貼られたり貼られなかったり…。そんな駐車違反のグレーゾーンが、警察の内部資料に詳しく記されていました。


スポンサーリンク
パーキングメーターで駐車違反になるケースとは

駐車違反の処理を行わない状況

この内部資料とは警察大学校研修資料。交通取締課職員や駐車監視員の指導者教育に用いられるものです。この資料に「監視員が違反処理を行わない状況はありますか?」という質問がありました。

「運転者が車両に乗車または降車していることを目視していた場合、直後に無人車両となっても同じ箇所での確認作業は行われない」とあるのです。さらに監視員と会話でもすれば、駐車禁止の違反処理を行わないと事情通はいいます。

しかし、その監視員は違反処理を行わなくても、別の組に電話してチェックさせることもあるようです。残念ながら、駐車監視員と言葉を交わしても駐車禁止の違反処理は行われるのです。

パーキングメーターの駐車違反

また、資料の回答に「監視員はパーキングメーター駐車枠に駐車している車両は、一定時間対象にしない」とありました。じつは60分パーキングなら、59分間未納でも違反処理しません。

ただし、管轄の警察の方針にもよりますが、車両が50cm以上枠からはみ出している場合はアウト。パーキングメーターに料金を投入しても、枠から大幅に飛び出していれば駐車禁止違反です。15,000円の罰金となります。一方、枠内に駐車していれば、料金未納・61分以上の駐車で10,000円の罰金になるようです。

また、料金を払わずにパーキングメーターの駐車枠から出し入れを繰り返して駐車違反から逃れる人がいるかもしれません。この場合、他の車両が駐車するのを邪魔する悪質な行為だとして、業務妨害とみなされる可能性もあるです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事