ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーの捜査用と交通取締用は何が違う?

覆面パトカーといっても、じつは捜査用と交通取り締まり用があります。街中を流しているのが捜査用、幹線道路などどでスピード違反などを狙っているのが交通取り締まり用です。はたして、覆面パトカーは捜査用と交通取り締まり用で、見た目や役割にどのような違いがあるのでしょうか?


スポンサーリンク
覆面パトカーの捜査用と交通取締用は何が違う?

捜査用の覆面パトカーに多い車種

刑事ドラマなどでよく目にする、マグネット式の赤色灯を車内からルーフに載せるのは捜査用の覆面パトカー。基本的には、刑事たちの足代わりなので、交通違反の取り締まりは行いません。

トヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いのが特徴です。ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通取り締まり用の覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。

ほかの特徴としては、刑事は2人組で動くため、車内に2人のいかつい男性が乗車していること。各県警では秘匿性を高めるためにエンブレムを削るなどして車種を隠していますが、かえって目立ってしまっているようです。

赤色灯が電動で出るの覆面パトカー

交通取り締まり用の覆面パトカーの特徴はルーフの真ん中から、電動で出てくる反転式の赤色灯。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。運転席の高い大型車からは丸見えだが、乗用車からは一切見えません。

外見的な特徴としては、グリル内に2つの前面警光灯を搭載。スピード違反の測定時はこれを光らせます。リアウィンドウにユーロアンテナが付いていたり、車体がピカピカに磨き上げられていたりというのも特徴です。

車種としてはトヨタの200系クラウンや180系クラウンがよく見かけられます。加速減速を繰り返したりという不審な動きも特徴です。乗車している警官のヘルメットや青い制服姿で覆面パトカーとすぐに判別できるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事