ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?

警察無線や警察官同士の会話で使用される警察用語は、一般人があえて理解できないようにしたもの。市民のプライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いので、警察用語を散りばめて秘匿性を高めています。そこで、犯罪に関わる警察用語を集めてみました。警察用語の由来も含めて見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?

警察用語は時代によっても変化する

警察用語は時代によっても変化します。例えば、ドラマでおなじみの拳銃を表す「チャカ」という警察用語は、現在では「腰道具」と呼ぶのが一般的。広く知られてしまったために、警察用語が変化してしまいました。

このほか「腰まわり」は手錠や拳銃、警棒など帯革に付ける装備一式のことになります。「ひかえ」は警察手帳を見せること。「かみ」「ふだ」は令状で「ガサのかみ」で家宅捜査令状です。「がさじょう」と呼ぶ場合もあります。

警察官のことは「おでこ」。制帽の旭日章を意味したものです。「さつかん」と呼ぶこともあります。「はこ」は交番のことで、「はっしょ」が派出所のこと。逆に「おもや」は都道府県警本部のことを指します。

罪を意味する警察用語の由来とは?

犯罪を意味する警察用語としては「のび」が泥棒。「忍び」から来たものです。「よこ」は横領のこと。「うかんむり」は窃盗・空き巣で「窃」の字から来ています。「ごんべん」は詐欺師・詐欺事件のことです。

このほか「さんずい」は汚職事件のこと、「ゆみへん」は強盗、強姦など「強」がつく犯罪です。強盗事件のことは「たたき」とも呼ばれます。「にんべん」は偽造、「らじお」は無銭飲食のことです。

誤解されがちですが「まるがい」は被害者で、「まるひ」が被疑者。死者や死体のことは「ろく」と呼びます。これは南無阿弥陀仏の六文字が由来です。そして「まぐろ」は轢死体のことを意味します。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事