ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

同じ白黒パトカーで車内が攻撃的な自動車警ら隊

一定の時間、2人の警察官が密室と化した車内で過ごすパトカーの乗務。階級の違い、先輩と後輩、同じ警察官でも相手と合う合わないが出てくるのは当然のこと。実はパトカーの車内では密かに事件が起こっているのです。元警察官によると、同じ白黒パトカーでも自動車警ら隊は姿勢が攻撃的なのでした。


スポンサーリンク
同じ白黒パトカーで車内が攻撃的な自動車警ら隊

同じ白黒パトカーで雰囲気が違う

同じ白黒パトカーでも、管轄区域を超えて活動する自動車警ら隊と所轄の警らとでは車内の雰囲気はまったく異なります。自動車警ら隊は常に周囲に目を配っているので、車内の私語はありません。攻撃的な姿勢でいるからです。

対して、所轄の警らは管轄内を巡回しているだけ。犯罪が起こっていたら対処する受け身の姿勢なので、自ずと車内の緊張感も違ってくるわけです。

自動車警ら隊は昼間、後輩が運転して車長が周囲を警戒。夜は交代します。不審者の出没や犯罪は夜間に多発するので、車長が運転した方がすぐに対応できるからです。また「相勤員とは半年間は組んで乗務するので、相性が悪いとお互い苦労しますよ」とのこと。誰と組むかによって、車内の空気はガラッと変わるといいます。

覆面パトカーはムダ口が少ない

高速道路を走る覆面パトカーは、第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています。前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマもチェックしているのでムダ口は少ないといいます。

ただし、覆面パトカーの乗務中はピリピリしていますが、分駐に戻れば男子校野球部の部室。女性ドライバーを捕まえた後は、キップで年齢を確認して「○○ちゃんは見た目よりも年いってんな」といった会話が交わされます。

少し特殊なのが捜査用の覆面パトカー。警察であることをアピールしながら走る白黒パトカーに比べたら、刑事が乗る覆面パトカーの車内は明らかに汚いとか。基本的には現場への“足”。運転中は気の合う相手となら世間話をしています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事