ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反の交渉に使われた「坂落とし」とは

「坂落とし」というのは警察の隠語で一般には知られていませんが、下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるので、取り締まった時にドライバー側がこの用語を出すと諦めてしまうこともあったとか。そんな身に覚えのない交通違反に遭遇したときの交渉術を元交通機動隊員が解説します。


スポンサーリンク
スピード違反の交渉に使われた「坂落とし」とは

下り坂でのスピード違反は不正確

下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるもの。そんな時は「坂落とし」の用語が警察に効きました。「1980年代にはネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていたエピソードも聞きますが、今は皆無かと思います」といいます。

「私は例えば、東京・芝浦からお台場方面のレインボーブリッジで、長いカーブを登りきった後のスピードを出しやすい直線距離で、下り坂に差し掛かる前に計測して捕まえています」と話していました。

身に覚えのない「歩行者等妨害」の交渉術もあります。歩行者等妨害は、交差点で歩行者の通行を妨害したとみなされるクルマを取り締まること。とはいえ、歩行を妨害されたという当事者が現れないと、警察はそれを立証することができません。

ノルマで取り締まられる交通違反

このため「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」「歩行者が携帯電話に触れてて勝手に足を止めただけではないか?」と頑なに突っぱねるのが効果的といいます。ただし、警察官が2名以上いる場合は証人となってしまうので100%回避できるわけではありません。

身に覚えのない「一時停止違反」は、いい争いになっても証拠がないので警察は立証できないそうです。ただし、コンビニの防犯カメラで確認できてしまうことも…。プライドを盾に戦おうとする警察官だと、違反を立証されてしまうこともあります。

一時停止違反は、月末によくノルマ稼ぎで取り締まられる交通違反。バイクが特に捕まえやすいので、片側の足を停止ラインのところへ出しておけば、ある程度見逃されるともいわれています。

■「スピード違反」おすすめ記事
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り「よく晴れた休日の午前」に要注意

■「取り締まり」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの速度取り締まりは「待ち」が基本

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事