ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

白バイが待機する「違反者が出やすい信号」とは

誰よりも道路を熟知している白バイ隊員です。一般道には白バイ隊員が獲物を狙うのに“効率よい”信号があるといいます。そこで、交通機動隊に所属経験のある交通取り締まり一筋の元警部補に解説してもらいました。白バイが待機する「違反者が出やすい信号」とは、どんな場所なのでしょうか?


スポンサーリンク
白バイが待機する「違反者が出やすい信号」とは

白バイ隊員は各自の持ち場がある

白バイ隊員は各自の“持ち場”として「違反車が出やすい信号」を押さえています。そこには、目標件数という名のノルマがあることも影響しています。「違反者の出やすい信号」について詳しく説明してもらいました。

「信号には取り締まりやすいタイミングがあります。例えば、青信号が連続した後に通過するギリギリで黄色から赤に変わる信号が設置されている場所。特に、次の信号がまだ青だと無理して突っ切って行ってしまう人が多いのです」といいます。

また「最近のドライバーはナビに頼り過ぎ。ナビが指示する場所の1つ手前で右折して一方通行に入ってしまう人も多いですね」とのこと。白バイ隊員はそうした違反者が出やすい信号を頭に叩き込んでいるのです。詳しく見ていきましょう。

白バイが右左折禁止エリアで待機

人間の心理として、青信号が連続する見通しのいい幹線道路でクルマがスピードに乗っていると、ギリギリで信号が黄色から赤に変わっても突っ込んでしまいがち。白バイ隊員はそこを見逃しません。

このとき、白バイ隊員は信号を確認できる場所で待機。そして、信号が変わったのを運転手に自覚させるため、クルマが停止線に入る手前でサイレンを鳴らします。「しまった」と思った時には手遅れというわけです。

一方、カーナビで違反者が出やすいのは、右左折の指示を読み違えて1つ手前の右左折禁止エリアに入ってしまう事例。特に慣れない道路で渋滞していると、ナビの指示よりも手前で右左折してしまいがち。そこに白バイが待機しているわけです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事