ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の赤キップと青キップの違いは「前科」

交通違反の赤キップと青キップは何が違うのでしょう? 比較的に軽い違反に渡される青い紙の「交通反則告知書」が青キップ。一方、重い違反に渡される赤い紙の「交通反則告知票」が赤キップになります。青キップと赤キップは書類の名称としては1字違いですが、その処分や前科などの内容は大違いです。


スポンサーリンク
交通違反の赤キップと青キップの違いは「前科」

交通違反で軽微なものを反則行為

交通違反をすると違反点数が付きます。免許を取得すると、もともと0点だったところに違反の種類によって点数が付加されるシステムです。その点数が一定以上累積すると、免許停止や取り消しなどの行政処分が下されます。

例えば、一般道で時速15km未満の速度超過は1点、30km以上50km未満だと6点が付加。そして、違反点数とは別に交通違反の内容に応じた反則金や罰金を払う義務が違反者には発生するのです。

このうち、6点に満たない交通違反の中でも軽微なものを「反則行為」と呼び、一定期間中に反則金を払えば済みます。この「交通反則告知書」を通称・青キップというわけです。

赤キップは刑事罰と罰金が課される

これに対して、例えば酒気帯び運転は13点以上の違反点数が付き、刑事罰と罰金が課せられます。このような悪質な違反や重い違反には前科が付き、「交通反則告知票」が渡されます。これを通称・赤キップというのです。

このように、赤キップは刑事罰と罰金が課されます。一方、青キップは前科の付かない反則行為や反則金。かなりの差があるでした。

このほか、違反点数の累積による行政処分は、3年以内の前歴によって異なります。前歴がない場合、違反点数が6~8点だと30日の免許停止。前歴が1回あると、4~5点で30日の免許停止、6~7点で60日の免許停止となります。なお、最後の違反から1年間を無事故・無違反で過ごせば累積点数はゼロにリセットされます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事