ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

速度違反だけじゃないアンダーパスの取り締まり

速度違反を取り締まるネズミ捕りには出没しやすいスポットがあります。というのも、ネズミ捕りにはそれなりのスペースが必要になるからです。そんなネズミ捕りでとくに気をつけたいのが交差点をいくつも越えるアンダーパス。速度違反以外の交通違反の取り締まりが行われているからです。


スポンサーリンク
速度違反だけじゃないアンダーパスの取り締まり

ネズミ捕りはアンダーパスに出没

速度違反を取り締まる有人式のネズミ捕りは、無人式のオービスとは違って神出鬼没。油断したその瞬間に検挙されるなんてことも少なくありません。複数の警察官を動員して、華麗な連携プレーで獲物を効率的に速度違反を捕獲していきます。

そんな速度違反のネズミ捕りは、車両の速度を測定する「現認係」と違反車両を止める「停止係」、違反キップにサインさせる「サイン会場」という構成。現認係が隠れられ、停止係が突然飛び出しても危険ではなく、しかもサイン会場が設置できるようなスペースがあるとなると、ある程度限られてきます。

具体的には、信号と信号の間が長い直線区間、交差点をいくつも越える陸橋やアンダーパスなどでネズミ捕りは出没。いずれも、ついオーバースピードになりがちなポイントです。

速度違反以外の交通取り締まり

なかでも、とくに注意したいのがアンダーパス。速度違反以外の交通違反の取り締まりも行われるケースがあります。というのも、アンダーパスは橋の上から車内の様子が丸見えだからです。

ここに警察官を配置して、携帯電話の使用やシートベルト未装着をチェック。アンダーパスを上り切った先で、停止させられるというわけです。進路変更禁止区間が設置されていることが多いことにも注意しなければなりません。

ふだんから交通ルールを守るのは当然ですが、アンダーパスではいつも以上に安全運転を心がけるようにしましょう。ちなみにネズミ捕りは、都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われやすいといわれています。

■「速度違反」おすすめ記事
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り「よく晴れた休日の午前」に要注意

■「取り締まり」おすすめ記事
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの速度取り締まりは「待ち」が基本

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事