ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道での覆面パトカーの取締りパターンとは?

行楽シーズンになると高速道路を走る機会も増えるもの。そんな高速道路に潜んで違反者を取り締まっているのが覆面パトカーです。覆面パトカーには外見的な特徴がいくつかありますが、走行中に見分けるのは至難の業。そこで、高速道での覆面パトカーの取締りパターンを知っておくとよいでしょう。


スポンサーリンク
高速道での覆面パトカーの取締りパターンとは?

覆面パトカーが走るのは走行車線

高速道路を管轄する高速道路交通警察隊の覆面パトカーは、「分駐」と呼ばれる現場事務所に配備されています。たいてい分駐はインターチェンジにある料金事務所や高速道路会社の管理事務所に併設。出入り口のすぐ脇に位置しています。

ここから本線に合流してきたクラウンなどの車両だったら覆面パトカーの可能性が大ということです。とはいえ、覆面パトカーに遭遇するのは高速道路上。覆面パトカーの行動パターンを知らなければ注意しようがありません。

まず白黒パトカーも覆面パトカーも走行車線を大人しく走っています。その存在に気づかずに追い抜いていった車両を追尾するのが基本戦略です。前や後ろに大型トラックを置くようなポジションで走ることもあります。

覆面パトカーは一拍置いて車線変更

そして、一定区間を走ると料金所を出てすぐにUターン。反対車線で次の獲物を探すわけです。また、サービスエリアの出口付近で本線の流れを見ながら、違反車を見つけて追尾するパターンも存在します。

追い越し車線を飛ばしているクルマを見つけても、覆面パトカーはすぐに飛び出さずに一拍置いてから車線変更。違反車と同一速度で走って速度を測定します。測定後はパッシングで違反を知らせるのです。

覆面パトカーの多くはリアトレーにはパトサインを装備。このパトサインで「パトカーに続け」などの文字を表示して、サービスエリアやインターチェンジなどに誘導するというわけです。高速道路ではくれぐれも安全運転を心がけて、覆面パトカーのお世話になることがないようにしましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事