ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通機動隊が月末に狙うセコイ交通違反ベスト3

交通機動隊とは、パトカーや白バイを使って交通取り締まりを専門に行う交通警察の花形部署です。そんな交通機動隊にも目標件数という名のノルマが存在。このため、月末になっても目標件数に達していないと、必死に違反車を探します。交通機動隊が月末に狙うセコイ交通違反ベスト3を紹介しましょう。


スポンサーリンク
交通機動隊が月末に狙うセコイ交通違反ベスト3

交通機動隊が月末に狙う交通違反

交通機動隊には目標件数があります。新人だと、月に100件の交通違反をとることが目標。その目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので、必死に守ろうとします。

優秀な隊員は各自に“持ち場”があって捕まえやすい交差点などを確保。できる人なら1日20件も取ってきます。しかし、優秀でない人は月末になっても必死に違反者を探す必要があります。このため、月末はセコイ交通違反が狙われるのです。

交通機動隊員によると「まずは片側一車線をゆっくり走って黄色線で無理な追い越しをする運転手を捕まえます」とのこと。月末にまず狙われる交通違反が「黄色線での追い越し」です。

交通機動隊の白バイを稼働して待機

これは交通機動隊の覆面パトカーで夜に行うことが多いといいます。法定速度ギリギリかマイナス10km/hぐらいで走行。すると、後ろに付いたクルマやバイクがイライラして追い越すのです。バイクが追い越していくケースが多いといいます。

次に多いのは「原付きバイクの2段階右折無視」。大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします。そのまま走り去られることも多いので、交通機動隊の白バイを稼働して待機するのです。

最後に狙われるのが「整備不良車」。テールランプの電球切れなど整備不良を捕まえます。意外にクルマを運転する本人が気付いていないことが多いので注意しましょう。これもとくにバイクに多い交通違反です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事