ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

なぜ自動速度取り締まり装置をオービスと呼ぶ?

スピード違反の取り締まりは、有人式と無人式に分類できます。有人式はネズミ捕りやパトカー追尾式。そして、無人式は路上に設置されたカメラと赤外線ストロボでスピード違反を自動的に撮影する、いわゆる「オービス」です。ここで、なぜ自動速度取り締まり装置のことをオービスと呼ぶのでしょう?


スポンサーリンク
なぜ自動速度取り締まり装置をオービスと呼ぶ?

オービスはラテン語で「目」の意味

自動速度取り締まり装置は、10.525GHzのレーダー波で車速を測る「レーダー式オービス」と「Hシステム」が広く使われていました。近年の主流は道路に埋め込まれたループコイルで測る「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

一般的に、自動速度取り締まり装置は「オービス」と呼ばれていますが、これは1970年代にアメリカから輸入されたループコイル式の「オービスⅢ」という製品名に由来しています。

これが日本の自動速度取り締まり装置の元祖であるため、無人式の取り締まり装置をまとめて「オービス」と呼ぶようになったのです。なお、オービスとはラテン語で「目」を意味します。

HシステムやLHシステムの由来

レーダー式のオービス「Hシステム」は正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴ですが、正式名称は「高速走行抑止システム」です。それがHシステムと呼ばれているのは「阪神」に由来しています。

これは、それまでの旧型オービスと異なるシステムとして、初めて導入された場所が阪神高速道路だったためです。ちなみに、阪神高速道路に初めて設置されたときは丸形アンテナでした。

一方、全国的に配備が進むループコイル式のオービスが「LHシステム」です。この「LH」は“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”が由来。Hシステムと同様に、路上に張り出した支柱にあるCCDカメラで撮影します。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事