ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意

新東名の速度取り締まりはオービスだけではありません。黒白パトカーや覆面パトカーが獲物を狙って取り締まりに励んでいます。特に気をつけておくべきポイントは、新東名に3つある静岡県警高速隊の分駐所。トヨタ・クラウンが合流してきたら要注意です。



スポンサーリンク
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意

新東名は追尾式速度取り締まりの名所

全区間にやたらと広い路側帯を有する新東名は、違反キップを切るためにトンネルの中でも停車させられるほど、追尾式速度取り締まりの名所となっています。

御殿場JCTから浜松いなさJCTの間には、長泉沼津、新静岡、浜松浜北の各ICに静岡県警高速隊の分駐所があり、各隊5・6台の黒白パトカーと1・2台の覆面パトカーが獲物を狙ってパトロールに勤しんでいます。

いずれもゼロクラ(180系)と200系となっていて、特にこれらのインターからトヨタ・クラウンが合流してきたら注意しましょう。

新東名にある3つの分駐所の詳細

新東名にある3つの分駐所を詳しく見てみましょう。新東名の長泉沼津IC脇の長泉分駐。3つの分駐では最も規模が大きく、この日は3台のゼロクラと1台の200系の黒白パトが待機していました。

200系が4台、ゼロクラが1台と新型の黒白パトが揃う新静岡ICの新静岡分駐。残念ながら覆面パトの姿は確認できませんでした。

新東名の浜北分駐は、浜松浜北ICのNEXCO保全車両基地の一角。黒白パト、事故処理車、覆面パトが小規模で駐在しています。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「新東名の取り締まり」おすすめ記事
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
新東名のオービスは門型支柱上に設置されている
新東名のオービスが設置されるポイントとは?

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
白バイの車種で取り締まり危険度を判別する方法
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事