ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飲酒検問は幹線道路から1本入った通りが狙い目

主に夜間に実施される飲酒検問は、ドライバーの意表を突いた場所が多く選ばれるもの。幹線道路から1本入って回り道をしたのに検問が待ち構えていた…ということがよくあります。飲酒検問の70%はドライバーの挙動で判断しているのです。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
飲酒検問は幹線道路から1本入った通り

飲酒検問がよく行われる場所

交通機動隊だけではなく自動車警ら隊も独自に行うことができ、警察官にとってはポイントが稼ぎやすく、手っ取り早い取り締まりです。「今月は酒(飲酒運転取り締まり)が少ないからやるか」という感じで急でも飲酒検問を始められます。

飲酒検問がよく行われる場所は、幹線道路から1本入った通りが多いとか。大通りを避けるドライバーの裏を突くというわけ。幹線道路から路地に入った一方通行など、逃げようがない場所やドライバーの意表を突いた場所が選ばれることが多いのです。

また、飲酒検問をする際、警察官が匂いを嗅がせますが、実はそこには裏があるといいます。窓を開けた時に酒の匂いはわかるもの。息を吐かせるのは挙動を見るためなのです。

飲酒検問の取り締まりイメージ

飲酒検問の70%は動きで分かる

飲酒検問では息を少ししか吐かなかったり、逆に吸い込む人もいます。警察官もそんなに他人の息をかぎたくありません。そもそも怪しいクルマは飲酒検問前でスピードを落としたり、路地に逃げようとしたり、Uターンしようとしたり…。

飲酒検問の70%は動きで分かるといいます。そのようなクルマは、検問の手前で隠れている警察官がすぐに駆け付けることになるのです。

ということは、飲酒検問は堂々としていればスルーできるかもしれません!? もちろん、飲酒運転は絶対禁止です。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「飲酒」おすすめ記事
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク
アルコール分解にはグレープフルーツジュース
グリチロンはアルコール分解薬として効果を発揮
アルコールチェッカー内蔵のスマホバッテリー

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事