ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ

交通機動隊にはノルマがあるとよくいわれますが、本当にあるのしょうか。じつは月に100件の交通違反がノルマだとか。このため、月末には比較的ラクな交通違反が取り締まられます。通行帯違反や左側追い越し、一時停止無視が月末によく取り締まられる交通違反です。



スポンサーリンク
交通違反の取り締まりが月末に多い理由

月に100件の交通違反を取る目標

じつは交通機動隊には「目標件数」があります。これがいわゆるノルマです。新人だと、月に100件の交通違反を取ることが目標。その目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとします。

月に100件の交通違反ということは、1日に最低3件以上の交通違反を取るということ。優秀な隊員は各自に“持ち場”があり、捕まえやすい交差点などを押さえています。

そういう人は“持ち場”を回ってスピード違反車を追尾し、しっかり捕まえています。できる人なら1日で20件も交通違反を取って来るとか。しかし、優秀ではない人は月末になっても必死に違反車を探しています。

月末に取り締まられる交通違反

そういった人は比較的ラクな左側追い越しや通行帯違反、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の違反ばかりを狙っているとか。先輩の狩り場を借りたりして、なんとか目標件数を越えるように努力しています。

月末によく取り締まられる交通違反は「通行帯違反」。高速道路では、追い越し車線を走り続けると違反になります。

「左側追い越し」も狙われやすい交通違反。追い越し車線を使わず、左側の通行帯から追い越すのは違反です。踏み切りや一時停止線などで停まらない「一時停止無視」のクルマも月末にはよく取り締まられます。

交通機動隊員もノルマ達成のために小さい違反も必死に追いかけるということ。月末は小さい違反に気を付けるべきかもしれません。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム

■「取り締まり」おすすめ記事
スピード違反取り締まり現場は5部体制だった
速度違反の取り締まりは0と8の付く日が多い
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
白バイが潜む場所!取り締まり神業テクニック
新東名の取り締まりは3つある分駐所付近に注意
飲酒運転の取り締まりで使われる待ち伏せテク

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事